Top >  健康を考える >  遺伝子支配説

スポンサードリンク

遺伝子支配説

今の医療の主流は西洋医学です。
西洋医学では最近、部品の設計図である遺伝子の研究も盛んであり、統計的にアルツハイマー病やガンの発症率や糖尿病にかかりやすいかそうでないかなどの確率を出すことができるそうです。
遺伝子の研究により、統計的な確率を出すことによって病気の予防になっていいのではないかと思えるかもしれません。
しかしこのことがあるがために、生命保険に加入できなかったり、自分自身が病気から逃れられないという悲観的な考えを与えてしまうかもしれないのです。
現在ではまだ、本人に発病の可能性を伝えるだけで、その後に起こる心理的なショックに対するフォローは行われていないようです。結局、生きる希望というものを失わせる事態を引き起こしてしまったそうです。

 <  前の記事 病気の原因  |  トップページ  |  次の記事 環境汚染物質  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「いつも健康、そして高麗人参…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。