Top >  健康を考える >  環境汚染物質

スポンサードリンク

環境汚染物質

遺伝子を内的要因とすると、西洋医学では体の外の外的要因も病気の原因として重要視されています。
その中には、発ガン性物質、紫外線、有害微生物、環境汚染物質などがあります。
特に日常の生活に氾濫しているのは、環境汚染物質といわれているものです。
今までもそれが人体に蓄積されていっています。
しかしこの物質は、人類が文明を発達させる過程で、人類自らが作り出したもので、もともと自然界にあったものではありません。
この文明を放棄しない限り、なくならない物質たちだと思います。
しかしそれはとうぜん無理な話です。
これもまた、未来への希望を失わせるような考え方だと思います。
遺伝子のような内的要因と環境汚染物質のような外的要因が病気を引き起こす直接的原因だと、西洋医学は考えてきたように思います。

 <  前の記事 遺伝子支配説  |  トップページ  |  次の記事 ホメオスタシスの崩壊(病気の原因)  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「いつも健康、そして高麗人参…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。