Top >  高麗人参と心の健康 >  ストレス(交感神経・副交感神経)

スポンサードリンク

ストレス(交感神経・副交感神経)

ストレス社会の現代。
誰もが心にストレスを持っているものです。
例えば、仕事における人間関係や家庭問題などがそうです。
そしてそのストレスは、心を乱し生活習慣にも悪影響を及ぼします。
タバコや飲酒の量が増える、夜更かしが増える、イライラから短気な性格になってしまう、また反対に憂鬱になってしまうなど症状はさまざまです。
こういうことが体におこると神経に乱れが出ます。
人間には交感神経と副交感神経があり、交感神経は主に昼間にはたらき、体に緊張を与えます。
体は緊張することにより、瞬時の判断を可能にします。また副交感神経は夜に働き、睡眠など体をリラックスさせます。
気を抜いているときや、食事の時などに働いているのが副交感神経です。
わかりやすく言うと、外で働いているときには交感神経、帰宅すると副交感神経というわけです。
バランスの取れたホメオスタシスというのは、この二つの神経が交互に働くことなのですが、これが狂いだすと体調も同じように狂いだしてしまいます。

 <  前の記事 乱れる気  |  トップページ  |  次の記事 健康の自己管理  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「いつも健康、そして高麗人参…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。