Top >  高麗人参と心の健康 >  精神的ショックとがん発症の関係

スポンサードリンク

精神的ショックとがん発症の関係

がん患者は、がん発病の1、2年前に共通して、精神的に大きなショックを経験しているそうです。
それは、死別、離婚、破産などといったことがあげられます。
これは、がん患者に共通する精神についての調査をしたことがあり、その結果からわかったことです。
またその事により、その後もショックを引きずったまま、ネガティブな精神状態であったこともわかっています。この調査をした博士は、カウンセリングを治療に取り入れ、患者の心の奥に潜むネガティブな感情を克服するようにしたのです。
その感情は、恨みというものだったそうです。
このことから、ネガティブな精神状態は体に影響を与えると考えたのです。
このような東洋医学的な気の考え方である、心の問題が体に影響を与えるということを、西洋医学の中でも指摘されるようになってきたことはいいことだと思います。


 

 <  前の記事 がん遺伝子(後天的生活習慣)  |  トップページ  |  次の記事 心の安定  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「いつも健康、そして高麗人参…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。