Top >  高麗人参と病気 >  高麗人参と糖尿病

スポンサードリンク

高麗人参と糖尿病

?T型糖尿病としてインスリン依存型糖尿病(IDDM)があります。
主に幼少年期や青年期に発症する糖尿病です。
これは、自己免疫性β細胞破壊に起因し、遺伝的感受性に環境因子が加わって発症するそうです。
健康な人と全く変わらない生活を送ることができるようになるためには、適切なインスリン治療を行なうことが必要となります。
つぎに、?U型糖尿病としてインスリン非依存型糖尿病(NIDDM)があります。
日本人の糖尿病の約95%を占め、遺伝的体質に加えてストレス、運動不足、肥満、などが引き金となって発症しています。
そして糖尿病で一番恐ろしいのは、合併症です。
特に、合併症の発生率が高くなる腹部肥満は注意が必要です。
糖尿病でも血糖コントロール不良によるものでは、神経障害には5〜6年、網膜症を引き起こすには7〜10年、腎症があらわれるには10〜15年程度と、またそれに加えて、脳梗塞、動脈硬化、心筋梗塞の危険度も高まります。

 <  前の記事 高麗人参と社会的葛藤  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と脾臓機能(膵臓予備機能)  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「いつも健康、そして高麗人参…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。